PR
 充てん断熱とは、天井、床下、壁を構成する部材や柱の間などのすき間に断熱材を充てんする工法のことです。木造や鉄骨造などの建物に用います。日本の戸建て住宅で、これまで最も普及している断熱工法といえます。現場ですき間に取り付ける方法や、現場で発泡させながら充てんする方法などがあります。

 柱や梁などの骨組みの外側に断熱材を張る外張り断熱に比べて、価格が安い断熱材が普及していることなどから、一般的にコストを抑えることができます。一方、断熱材の充てんや、気流止め(間仕切り壁の中を外気が通り抜けないようにする措置)などの施工をきちんと行わないと、結露ができやすいといわれています。