PR

 ヒートショックとは、急激な温度の変化が、身体に及ぼす影響のことです。例えば、冬場ではエアコンを付けて暖かくしたリビングとエアコンのないトイレや浴室では、室温差が大きくなります。室温差の大きい部屋間の移動によって、血圧や脈拍が上昇、下降して、心臓や血管に大きな負担をかけます。脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こし事故につながることもあります。特に高齢者の事故が多くなっています。

 脱衣室や浴室なども含めて、住宅を全館暖房にすればヒートショックの予防対策となりますが、エネルギーの使用量は増加します。高気密・高断熱住宅は、室内の温度を一定に保つ効果があり暖房の使用を抑制できるため、全館暖房をしても、従来の一般的な住宅と比べて省エネ効果が見込めるといえます。