PR

 次世代省エネルギー基準とは、1999年に省エネ法に基づいて見直された住宅の断熱性能や気密性能などの基準のことです。住宅の省エネルギー性を高めるために、断熱や気密、冷暖房に関する基準を定めたもので、「平成11年基準」とも呼ばれます。

 断熱性を示す「熱損失係数(Q値)」と、気密性を示す「相当すき間面積(C値)」を表した数値で基準化されます。Q値は、窓や外壁、換気などからどのくらい熱損失があるかを示し、数値が小さいほど断熱性が高くなります。C値は、住宅のすき間を測定して、すき間の面積を床面積で割った値のことです。

 日本全国を気候条件に応じて6つの地域に分け、その区分ごとに断熱や気密、日射遮蔽の基準値が定められています。