PR
Swiftのデスク導入例。身長や作業姿勢に応じて高さが変えられる(資料:岡村製作所)
Swiftのデスク導入例。身長や作業姿勢に応じて高さが変えられる(資料:岡村製作所)

 岡村製作所は、天板をスピーディに昇降できるデスクとミーティングテーブル「Swift(スイフト)」を発表した。2015年1月に販売を開始する。

 デスクはコントロールパネルを操作することにより、天板の高さを650mmから1250mmの間で変えられる。ボタンひとつで好みの位置に止めることができ、操作時の音も静かだ。身長や座り方に応じて変えることはもちろん、様々な作業姿勢に合わせた高さの調整が可能だ。幅は1200mm、1400mm、1600mm、1800mmの4種類。奥行きは700mmと800mmの2種類。

 ミーティングテーブルは700mmから1250mmの間で昇降が可能。立ったまま短時間で行う打ち合わせや、着席してじっくりと議論する会議など、状況に応じて高さを調整することができる。

 天板エッジは曲面仕上げで、立ち姿勢で寄りかかっても腕への負担が少ない。また昇降中に天板が何かにぶつかると、瞬時にそれを感知し動作をストップする安全装置も標準装備している。

 税別価格は、幅1400(1350)mm×奥行き700mmのデスクで16万8000円。

問い合わせ先:岡村製作所
電話:0120-81-9060
URL:http://www.okamura.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード