PR
前方ボード(スイングタイプ)EWCS740を便器の前にセットした例。(資料:TOTO)
前方ボード(スイングタイプ)EWCS740を便器の前にセットした例。(資料:TOTO)

 TOTOは、トイレでの高齢者の介助をサポートする「前方ボード(スイングタイプ)」を2014年12月1日に発売した。

 病院や高齢者施設のトイレで車椅子から便器に移る時、手すりだけでは体のバランスがうまくとれず、方向転換もしにくいという声が介助者たちからあがっていた。便器の前に立ち座り用のボードが欲しいという声に応えて開発されたこの製品は、それにつかまることで便器への移乗の際に体のバランスを安定させ、介助者の負担を軽減する。

 また便器に座った時には、ボードにもたれかかることで排せつをしやすい前傾姿勢を保つことができる。丸みのある握りやすい形状のボードで、使い勝手に合わせて4段階でロックできる。
 
 価格は、税、組立費別で12万円、I型の手すりとセットで13万5700円。

問い合わせ先:TOTO
電話:0120-03-1010
URL:http://www.toto.co.jp

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード