PR
大規模施設向けCAシリーズ「Gタイプ」(資料:ラフォーレエンジニアリング)
大規模施設向けCAシリーズ「Gタイプ」(資料:ラフォーレエンジニアリング)
一般住宅向けASシリーズ「Pタイプ」(資料:ラフォーレエンジニアリング)
一般住宅向けASシリーズ「Pタイプ」(資料:ラフォーレエンジニアリング)

 ラフォーレエンジニアリング(本社:東京都港区)は、太陽光を効率的に集めて光ファイバーで伝送することで、太陽光をそのまま照明として利用できるエコ照明「ひまわり」の新製品を2014年10月16日に発売した。

 太陽光採光システム「ひまわり」の集光器には、日の出から日没まで刻々と変わる太陽の位置を正確に捉えるための自動追尾システムが内蔵されている。天窓のように部屋の位置や窓の方位、太陽の高度などによる制約がなく、一日中安定した採光が可能で、光ファイバーを使うことで窓のない地下空間にも光を届けることができる。また太陽光をそのまま照明として利用するので、日中の消費電力を大幅に削減できる。

 今回新たに発売されたのは、大規模施設向けの「CAシリーズ」2種と、一般住宅向けの「ASシリーズ」1種。CAシリーズでは、ミラーあたりの集光できる光量が従来の2倍となり、光ファイバー芯線を半分にできたので、コストを標準価格ベースで約15%削減することが可能となった。ASシリーズは本体重量が14kgと軽量でサイズも小さいため、新築住宅だけでなく既存の住宅でも簡単に施工できる。伝送損失の少ない専用光ファイバーを採用することで、こちらもコストを約23%下げた。

 標準価格は、いずれも税、設置費用別で、CAシリーズのコンパクトなSタイプが390万円。容量の大きいGタイプが1180万円。ASシリーズが67万円。

問い合わせ先:ラフォーレエンジニアリング
電話:03-6406-6721
URL:http://www.laforet-eng.com/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード