PR
カメラ5台で同時にモニタリングできる(資料:トライポッドワークス)
カメラ5台で同時にモニタリングできる(資料:トライポッドワークス)
長時間の映像を短時間で確認することも可能だ(資料:トライポッドワークス)
長時間の映像を短時間で確認することも可能だ(資料:トライポッドワークス)
カメラの接続、設定も簡単にできる(資料:トライポッドワークス)
カメラの接続、設定も簡単にできる(資料:トライポッドワークス)

 トライポッドワークス(本社:仙台市青葉区)は、インターネット回線を通じて遠隔地からでも土木・建設現場の映像を閲覧・生成・分析ができるネットワークカメラシステム「ViewCamStation(ビューカムステーション)」を、2014年11月11日に発売した。

 画像解析装置である「ViewCameStation」本体は、現在と過去の映像を同時に見ることができるシンクロナイズド機能や、長時間の録画映像を短時間で再生できるタイムラプス映像作成機能、最大5台のカメラを同じ画面で見ることが可能なマルチビューイング機能などを備えており、工事現場をさまざまな角度から確認することができる。

 カメラ機材の接続、設定も簡単で、インターネット回線を使って映像をPCやスマートフォン、タブレットなどでモニタリングすることが可能だ。

 製品構成は映像・画像解析エンジンを搭載したサーバー1台と、キューブ型のネットワークカメラ5台。

 参考価格は、20万円〜。

問い合わせ先: トライポッドワークス
電話:022-227-5680
URL:http://www.tripodworks.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード