PR
高い透明度と耐候性能を備えた「パラピュア」(資料:クラレ)
高い透明度と耐候性能を備えた「パラピュア」(資料:クラレ)

 クラレは、高い耐候性能に加え、ガラスよりも透明度が高く、曲げ加工してもその透明性を失わないアクリルフィルム「パラピュア」を開発した。2015年1月から本格的に販売を開始する。

 従来のアクリルフィルムは、加工性を高めるためにゴム粒子を配合して柔軟性を付与している。そのため、成型時や高温下では白化現象が生じやすく、アクリルが本来もつ透明性を活かせないケースが多かった。クラレは、独自の樹脂開発・生産技術を用いて、こうした弱点を克服した「パラピュア」の開発に成功した。

 高い透明度は加工によっても損なわれず、また屋外で長期間使用しても劣化しにくいので、建築分野では、建材パネルの化粧シートや樹脂サッシのトップコートフィルムとしての活用などが期待されている。

問い合わせ先: クラレ
電話:03-6701-1525
URL:http://www.kuraray.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード