PR
山口大学が開発した光害阻止技術を用いている(資料:岩崎電気)
山口大学が開発した光害阻止技術を用いている(資料:岩崎電気)

 岩崎電気は、夜間照明による農作物の生育に影響を与えない光害阻止LED照明器具「LEDioc LUMIINE(レディオック ルミーネ)」を開発。2014年11月から受注を開始した。

 夜間照明の設置は、事故の防止や犯罪の抑制など地域住民の安全確保に欠かせないものだが、一方で田畑に隣接した地域では、その光によって稲の生育に遅れが生じるなどの弊害も指摘されてきた。「LEDioc LUMIINE」には、山口大学農学部山本晴彦研究室が開発した、LEDで特殊な波長をコントロールし、同時に人間には感じられない高速点滅を行うことで稲の生育や品質に影響を与えない光害阻止技術が用いられている。水田に隣接する道路やコンビニエンスストアの駐車場、高速道路のサービスエリアなどにも安心して設置できる夜間照明器具だ。

 使用電圧は100~242V、消費電力は40VA以下、価格はオープン価格。

問い合わせ先:岩崎電気
電話:03-5847-8611
URL:http://www.iwasaki.co.jp

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード