PR
実行処理画面の例。工事に関する全ての情報を集約できる(資料:ダイテックサンズ、福井コンピュータアーキテクト)
実行処理画面の例。工事に関する全ての情報を集約できる(資料:ダイテックサンズ、福井コンピュータアーキテクト)
情報検索画面の例。必要な書類をすぐ検索できる(資料:ダイテックサンズ、福井コンピュータアーキテクト)
情報検索画面の例。必要な書類をすぐ検索できる(資料:ダイテックサンズ、福井コンピュータアーキテクト)

 ダイテックサンズと福井コンピュータアーキテクトは、工務店の業務に特化した「工務店向けクラウドコンピューティングサービス」を開発。2014年7月からサービスの提供を開始した。

 このサービスを使えば、工事管理や出入金管理、顧客管理、原価管理など、工務店の業務に関わる全ての情報管理をクラウドを利用して行うことができる。従来のようにデータのバックアップやサーバーの管理に労力を割く必要がなくなり、業務内容に応じた多様なソフトウェアの導入やバージョンアップも不要になる。

 業務上必要なデータには、タブレットやスマートフォン、ノートパソコンなどの端末から、インターネット経由でアクセスすることができる。例えば工事台帳には、請負金額、請求履歴、入金状況、仕入情報、施工者リスト、実行予算などの入力データが随時集約され、工事に関する詳細情報をいつでもまとめて閲覧することができる。請求書や見積書、工程表なども、いつでもどこでも作成が可能だ。

 また、工事履歴や顧客データも素早く検索できるので、見積書の作成時に過去の数値を参照したり、登録された情報をもとに顧客フォローを行い、点検やリフォームなど新たな受注につなげるなど、データを活用したきめ細かな顧客対応が可能になる。商談の進捗状況を迅速に把握することや、工事関係者と最新版の図面や打ち合わせ資料、スケジュールなどを共有するのも容易になる。

 価格は、基本料3万5000円(税別)に加え、使用量に応じて従量課金。

問い合わせ先:ダイテックサンズ
電話:03-6262-3225
URL:http://komuten.jp/

<追加情報>
 データ処理や保管は、自社運用するインターネットデータセンター(IDC)ですべて行う。国際標準化機構(ISO)認証の情報セキュリティマネジメントシステム、品質マネジメントシステムを取得しているので、膨大なデータを迅速に、安全に活用することができる。IDCに保存されたデータは自動的にバックアップし、アプリケーションの更新も一括して行うので、常に最新版のサービスを利用することが可能だ。

 ソフトウェアやサーバー機器などの購入は一切不要で、専任のシステム担当者を配置する必要もない。初期投資や運用コストを抑え、必要とする機能やシステムを自社に合わせてカスタマイズできるのが、クラウドコンピューティグシステムの魅力といえる。(2015年2月13日14時00分)

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード