PR
ささくれの心配がないので子供が素足で歩いても安心だ(資料:MINO)
ささくれの心配がないので子供が素足で歩いても安心だ(資料:MINO)

 MINOは、木の質感をもつ人工木材「彩木(あやぎ)」を置くだけで、バルコニーをウッドデッキにできる「オクトデッキ」を2014年11月から販売している。

 彩木は、同社が木の質感をつくることを目的に素材から開発したエクステリア用の建材。アルミ芯材と硬質低発泡ウレタン樹脂を組み合わせており、耐候性、耐久性に優れている。熱容量が小さく熱伝導率も低いウレタンを用いているので、素肌で触れても熱さ、冷たさを感じにくく、夏でも冬でも快適さを保てる。また天然木に比べてメンテナンスがしやすく、割れやささくれが生じる心配もない。

 「オクトデッキ」は、防水層の上に専用ジェルマットを敷いて彩木を載せるだけの簡単な置き式工法で、バルコニーを天然木の感触が楽しめるフローリングスペースに変える。リビング空間が広がったような効果を与えるだけでなく、バルコニーの防水層を紫外線や落下物から守り劣化を軽減する。

 価格は、税別で彩木HSZ330の長さ1500mmのものが1本9900円、長さ1000mmのものが1本6600円。ウレタンジェルマットは1個200円(1500mmの彩木1本に対し8個使用)。

問い合わせ先:MINO
電話:042-700-0099
URL:http://nuan.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード