PR
「toolbox」のトップページ(資料:R不動産toolbox)
「toolbox」のトップページ(資料:R不動産toolbox)
さまざまな事例を紹介する「imagebox」(資料:R不動産toolbox)
さまざまな事例を紹介する「imagebox」(資料:R不動産toolbox)

 R不動産toolboxは、住み手が自分のつくりたい空間の具体的なイメージを発見し、それを実現するためのツールを提供するウェブショップ「toolbox」を運営している。

 「toolbox」には、2015年4月時点で、住宅の内装用の建材や部品、家具、塗料、工具などが250シリーズ、1200アイテム掲載されている。床材や壁材、ドア、照明器具などはもちろん、引き出しの取っ手、トイレのペーパーホルダーといったパーツに至るまで、その品ぞろえは多岐にわたる。

 自分で内装やリフォームをするために材料を買い求めるユーザーと、依頼を受け顧客の要望に従って材料を買いそろえる工事請負者が、toolboxのストアの主な利用者だ。商品説明や導入事例の紹介などの情報も充実している。この4月16日には、セルフビルド志向のユーザーのためにスタッフが作り方や必要な工具などを紹介する「How to make」のコーナーもスタートさせた。

 お仕着せの材料を言われるがまま受け入れるのではなく、家づくりに関して住み手が主導権を持とうというのが「toolbox」の基本コンセプト。ユーザーがさまざまな素材を比較検討し、それを入手できる方法を「toolbox」は示した。また、商品を売るだけでなく、職人による工事サービスも展開している。

 14年秋には、まだ住みたい部屋のイメージが固まらず、具体的な材料選びまでには至っていないユーザーを想定した新コンテンツ「imagebox」がスタート。建築家やリノベーション会社が手掛けた事例を取り上げ、そこにはどんな素材が使われているのかを示したサイトで、ユーザーが実現したい部屋のイメージを見つければ、それに必要な素材の情報を手に入れることができる。

 今後はリフォームサービスにも力を入れていく予定だ。想定しているのは部分リフォーム。

 キッチンだけ変えたい、窓まわりだけを取り替えたいといったニーズは増えてきているが、自分のイメージするものを具体化するにはどこに頼めばいいのか迷っている人が多いのが実情だ。「toolbox」が持つ設計者や施工会社、職人、メーカーなどとのネットワークを生かした形で、需要の増大が見込めるリフォーム分野の充実を図る。

 2013年「第3回HEADベストセレクション賞」受賞。 

問い合わせ先:R不動産toolbox
電話:03-6438-0623
URL:http://www.r-toolbox.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード