PR

計量法に基づく計量士資格の国家試験は1953年に開始。環境計量士もその一つで、93年の法改正で一般計量士と区分されたことをきっかけに誕生した。大気中の汚染物質や水質の汚濁、土壌汚染などを測量する「濃度関係」と、建設工事などの騒音や振動を計測する「騒音・振動関係」の2種類に区分される。調査・検査業務の入札で、管理技術者や主任技術者の資格要件として環境計量士を指定する自治体もある。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料