PR

一級管工事施工管理技士も、公共工事で監理技術者や主任技術者になるための国家資格で、主に設備工事が活躍の場だ。この資格も、一級土木施工管理技士や一級造園施工管理技士と同様に、2014年度試験から受験要件が緩和された。二級合格者と高校指定学科卒業者に求められる実務経験年数が、従来よりも2年短縮される。13年度の学科試験合格率は、38.9%だった。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料