PR

 「魔法の粉」のよう――。熊谷組東北支店の芳賀宏副支店長は、復興道路のトンネル工事で覆工コンクリートに用いた高品質フライアッシュの効用を、こう表現する。実はこのフライアッシュ、東日本大震災の津波で被災し、2012年8月に操業を再開した日本製紙石巻工場の石炭灰からつくった製品だ。

高品質フライアッシュ「CfFA」を適用した八雲第1トンネルの坑口付近。表面が滑らかに仕上がる(写真:熊谷組)
高品質フライアッシュ「CfFA」を適用した八雲第1トンネルの坑口付近。表面が滑らかに仕上がる(写真:熊谷組)

 石炭灰の一種であるフライアッシュは、セメントや細骨材の代わりにコンクリートに混ぜると、単位水量の低減やワーカビリティーの向上、長期強度の発現、アルカリシリカ反応の抑制といった様々な効果が得られる。コンクリートの長寿命化に役立つ混和材として期待されている。

 日本製紙は今年7月1日から、石巻工場の石炭ボイラーで発生する灰を使った高品質フライアッシュ「CfFA」の製造・販売に向けて事業を開始。工場内に製造設備を新設し、16年1月から東北地方で販売を始める予定だ。これに先立ち、震災復興に向けて整備が進む国道45号釜石山田道路工事の八雲第1トンネルに、試験的にCfFAを製造・納入した。

 施工者の熊谷組は11月7日、八雲第1トンネル坑口付近の21mの区間にCfFAを適用したと発表した。同社の芳賀副支店長は「工事量が多い東北では骨材などの需給が逼迫し、供給元を1カ所にできない状況だ。高品質フライアッシュを使えば、骨材にある程度ばらつきがあってもコンクリートの品質を担保できる」と評価する。「今後も融雪剤の飛散や気温の影響を受けやすい坑口付近に積極的に使って、構造物の耐久性を高めたい」(芳賀副支店長)。