PR

 奥村組は,工事での地盤環境への影響を評価するソフト「FEAST」を開発。JIPテクノサイエンスから発売した。開削工事やシールド工事,トンネル掘削などによる地盤の変状,地下水位の変化などを予測する。

 地盤掘削による周辺への影響や遮水工法の効果の確認,地下水位低下による周辺環境への影響評価など,多様な施工条件に対応。奥村組の実績を基に適切な数値モデルを選択し,環境への影響を評価する。

 順解析と逆解析に対応。地盤の凍結解析,浸透流解析,移流拡散解析などの環境予測も可能。価格は52万5000円。

(日経コンストラクション1月26日号「新製品・新サービス」より)