PR

 新コスモス電機は,薄型・軽量の携帯用ガス検知器「XX-2200シリーズ」を発売した。一酸化炭素(CO)用と酸素・一酸化炭素用の2種類。酸欠や一酸化炭素中毒を回避する。

 電源を入れるだけで検知を開始。ピーク値と,ピーク値を記録してからの経過時間を作業後に確認できる。低濃度のガスへの長時間曝露(ばくろ)による中毒を防ぐため,曝露時間とCOの濃度で割り出した積算濃度を表示。150ppmに達すると警報が鳴る。

 厚さ22mm,重さ75gの薄型,軽量設計で,単4形アルカリ乾電池1本で約5000時間の連続使用が可能。価格は一酸化炭素用が6万900円,酸素・一酸化炭素用は10万1850円。

(日経コンストラクション6月22日号「新製品・新サービス」より)