PR

 キヤノンは、A3出力と省スペースを両立したカラーレーザープリンター「Satera LBP5910F」を発売した。

 Sateraシリーズとして初めて、自動で書類をとじる「ステイプルフィニッシャー」を本体上部に搭載した。

 W545×D669.5×H442.8mmと、A3対応機種でありながら本体はコンパクト。机の上に置いて使える。トナー交換などのメンテナンス作業を本体の前面から行うので、背面や側面を壁につけて設置できる。

 A4を出力する場合、カラーは1分当たり30枚、モノクロは同32枚の高速出力が可能。解像度は1200dpiで、9600dpi相当の解像モードも選択できる。価格は41万7900円。

(日経コンストラクション1月11日号「新製品・新サービス」より)