PR
 愛媛県川之江市は,入札参加資格を審査するための申請書(指名願い)が2002年1月24日の期限までに提出されなかったことを理由に,予定していた2件の下水道工事の指名競争入札を中止する。

 入札を中止するのは,同市妻鳥町で約200mの下水道管を敷設する川西10号工事と,約170mを敷設する川西5号工事。いずれも市外の大手建設会社10社と市内の建設会社10社を選定し,それぞれ1社ずつの2社で共同企業体(JV)を組むように要請していた。

 川西10号工事では,1JVが指名願いを提出したものの,川西5号工事では,指名願いの提出が全くなかった。このため,同市では25日に工事請負等審査会を開き,2件の入札を指名競争入札から一般競争入札に変更する方針を固めた。これで着工は予定より1カ月程度遅れる。

(日経コンストラクション2002年2月8日号)