PR

 京都大学大学院工学研究科の家村浩和教授をプロジェクトリーダーとする産学研究グループは,(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構の支援を受けて,鉄道橋の新しい免震・制震システムを開発した。大規模な地震のときだけ橋を免震構造に変えて損傷を低減する。通常時や中小規模の地震時では変位を拘束。固定構造を維持する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い