PR

 鹿島は、無線ICタグを使って作業員が近付いたことを重機のオペレーターに知らせる警告システム「SADIC」をソレキアや東京特殊電線と共同で開発。国土交通省東北地方整備局発注の胆沢(いさわ)ダム堤体盛り立て工事の現場で4月から運用を始めている。無線ICタグを使った重機の接近警告システムの実用化は日本で初めて。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い