PR

 東日本高速道路会社や阪神高速道路会社の案件では、落札総額の上位を大手が占めた。なかでも清水建設は両社から3件ずつ落札し、受注率(入札参加件数に対する落札件数の比率)も高い。2007年度に実施した予定価格3億円以上の土木工事の入札を日経コンストラクションが分析した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い