PR

国土交通省関東地方整備局は2008年6月から、予定価格が1000万円を超えるすべての建設コンサルタント業務などを「詳細な低入札価格調査」の対象とし始める。さらに、低入札価格調査を経て契約した業務において、業務成績が65点を下回った場合は、その業務を実績として認めない。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い