PR

 橋脚の壁面に鉄筋を組み立て、ポリマーセメントモルタルで巻き立てる耐震補強工事。増し厚は8cm程度で済むので、河川阻害率の増加を抑えることができる。元の設計はコテ塗りする工法だったが、施工者がVE(バリューエンジニアリング)提案で吹き付け工法に変更した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い