PR

 国土交通省九州地方整備局は6月12日、鋼材の高騰や納入期間の長期化を受けて、契約時の工期設定を見直すと発表した。鋼材の納入期間を現状に合ったものとし、工事の品質を確保する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い