PR

2008年6月15日、首都高速1号羽田線の鮫洲付近で路面が陥没し、通過車両2台がパンクした事故を受けて付近の路面下を調査していた首都高速道路(株)は6月27日、最終的に路面下の空洞は、さらに17カ所あったと発表した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い