PR

 広島高速道路公社は7月23日、建設中の広島高速3号線の橋脚建設工事で2008年4月に起きた支保工の崩壊事故について、原因調査の結果を発表。支保工と橋脚の柱とをつなぎ止めていたアンカーボルトが短く、固定が不十分だったことが原因と説明した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い