PR

 オートデスク(東京都中央区)は9月3日、国土交通省の電子納品用のファイルに自動で変換したり修正したりできる機能を組み込んだ「AutoCAD LT Civil Suite」を9月16日から販売すると発表した。同製品は、AutoCAD LTの最新版である「AutoCAD LT 2009」と、オートデスクが新たに開発した電子納品支援ツール「Autodesk CALS Tools」で構成する。同社が日本向けに独自のパッケージを開発したのは初めて。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い