PR

 国土交通省は、資材価格の急激な変動を請負額に反映させる単品スライド条項の対象を全品目に拡大する方針を固めた。アスファルト混合物の価格上昇などを考慮した。スライド額の算出方法といった運用ルールは、国交省が鋼材と燃料油を対象に発動した内容と同じ。9月第2週に正式決定して、各地方整備局などに通達する予定だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い