PR

 国土交通省常陸河川国道事務所は9月12日、茨城県日立市の旭高架橋で、11基の橋脚に設けた埋設型枠に浮きやはく落が生じていたと発表した。埋設型枠は厚さ約2cmのコンクリート製で、橋脚の表面を保護するために、すべての橋脚に設置したもの。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料