PR

 大成建設は、従来のひび割れ画像解析処理技術を利用して、コンクリート構造物のひび割れを検出するシステムの実用化に成功した。ひび割れの長さや幅の情報を定量化できる。効率的に、解析者の主観を排してひび割れ幅などを判断できるのが特徴だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い