PR

 国土交通省は9月30日、8月の建設工事受注動態統計調査の結果を発表した。大手建設会社50社の土木と建築を合わせた8月の受注額は、海外を含めて約9276億円。前年同月と比べて0.3%減少したが、土木工事の8月の受注額は、前年同月を20.1%上回った。土木工事が7割以上を占める公共工事の受注額は、3カ月連続で増加している。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い