PR

気象予測技術が向上して警報や注意報が発令され、市町村長が避難勧告を出したとしても、それが住民に伝わらなければ意味がない。災害時の情報提供や伝達に詳しい東京大学総合防災情報研究センターセンター長の田中淳教授は、「気象警報や避難勧告がすべての住民に伝わる仕組みがない」と指摘する。

この記事は有料会員限定です

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)