PR

災害が発生した際に効率的な避難をするためには、住民の意識を高める必要がある。東京大学総合防災情報研究センターセンター長の田中淳教授は、避難の考え方の固定化を心配する。「住民の多くが、水害の場合でも小中学校のグラウンドや体育館などの避難場所に逃げるのが当然だと思っている。例えば、鉄筋コンクリート構造の建物の10階にいるときに水害で逃げる必要はない。自分のいる場所によって避難方法が異なることを理解してもらわなければならない」。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する