PR

2008年2月、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)で、3件の高架橋下部工事の入札が行われた。現場はいずれも埼玉県久喜市内にある。基礎杭を打設し、RC(鉄筋コンクリート)製の橋脚を造るという点は同じ。水田が広がる田園地帯に位置するといった現場条件も共通している。 しかし、ふたを開けてみると、入札結果には大きな差が見られた。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い