PR

 会計検査院は、滋賀県が実施した橋の床版補強工事について、設計ミスと確認不足が重なって橋の安全性が確保されていないと指摘した。指摘されたのは橋長69.8m、幅員4.7mの村井橋(滋賀県高島市)の床版補強工事だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い