PR

国土交通省は11月26日、道路の事業評価手法を5年ぶりに見直すことを発表した。従来の手法で算出する場合に比べて、事業便益の換算金額が2~3割下がる見込みだ。12月中に、計算方法などを定めた「費用便益分析マニュアル」を改定して、全国の地方整備局などに通知する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い