PR

入札前に公表していた予定価格を、入札後の公表に変更する動きが自治体の間で広がっている。北海道は12月1日から、すべての工事とコンサルタント業務の3割で、事後公表に変更した。和歌山県は12月中旬から、予定価格1億円以上の工事と3000万円以上のコンサルタント業務で事後公表を導入する。横浜市も12月から2008年度中に約10件の入札で事後公表を試行する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い