PR

オムロン(京都市)は、低周波数の振動で発電する小型装置「環境振動発電デバイス」を開発した。車が走行する橋などには、数十ヘルツ以下の低周波数の振動が生じる。この微小な振動エネルギーを電力に変換する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い