PR

 暴力団などが脅しにくるケースが減ったにもかかわらず、工事現場で働く技術者たちの苦悩は深い。工事への苦情は減るどころかむしろ増えているからだ。苦情の主は、普段はごく普通に暮らしている住民だ。そうした苦情に工事現場で働く技術者はどう対処すべきなのか。日経コンストラクション12月12日号の特集「先鋭化する『普通の住民』との付き合い方」では、建設会社で地元対応の達人と評価されている人たちに、上手な対処の作法を教えてもらった。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い