PR

 福島県総務部行政経営課は2009年1月6日、直接雇用創出事業に着手することを明らかにした。同年3月末までの措置として、延べ約200人を臨時職員として県が直接雇用する。経済情勢の悪化から、前職を解雇された県内に住む人の雇用を創出するのがねらいだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料