PR

 掘削した大断面トンネルの中に、上下2層の道路と共同溝を構築する。コンクリートを現場打ちする予定だったが、想定外の漏水などで4年の遅れが危惧されたため、トンネル内に「橋を架ける」構造を採用。複数の工種を同時に施工することで、工期遅れを2年に圧縮する予定だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料