PR

国土交通省は2009年度に設計や施工に三次元データを活用するモデル工事を発注する。現在は国交省が三次元データの納品を受け付けていないので、受注者は三次元で設計しても、二次元の図面に変換して納品している。モデル工事では、三次元データで納品してもらい、完成した構造物の維持管理にも三次元データを活用する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い