PR

 環境基準の4万3000倍のベンゼンが土壌から検出されるなどした豊洲・新市場予定地の土壌汚染の問題で、民間から募った技術を採用すれば586億円で土壌と地下水を浄化できることがわかった。新市場への移転も、2014年12月までには終えられる見込みだ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料