PR

 中日本高速道路会社と近畿日本ツーリスト、はとバスの3社は1月30日から、第二東名高速道路の現場見学と観光などを組み合わせたバスツアーの販売を始めた。

 建設中の第二東名高速道路は、2012年度に御殿場ジャンクション(JCT)~三ヶ日JCT間が開通する予定だ。いまだけしか見ることができない工事現場を多くの人に見学してもらい、高速道路事業への理解を深めてもらおうと企画。工事現場の近くにある観光名所の散策などと組み合わせた日帰りのツアーとして発売した。

 見学できるのは三つの工事現場。一つは、静岡県の富士川に架かる国内初の鋼・コンクリート複合アーチ橋の富士川橋。もう一つは、静岡県芝川町から富士川町にかけて建設している延長4.5kmの富士川トンネル。そして、富士川町付近に建設中で橋長が約1170mの 20径間非合成連続鋼鈑桁橋の鎧田沢(よろいたざわ)橋だ。

 3社は、これらの工事現場の見学と趣向が異なる3コースの観光をセットにした。

 例えば、名古屋から出発するAコースは親子連れの参加を想定。清水エスパルスドリームプラザでの自由散策と美保の松原の見学を組み込んだ。このほか、名古屋から出発するBコースでは東海道丸子宿でのウオーキングが、東京から出発するコースでは昼食の桜えびと日本平の散策などが、それぞれ楽しめる。

ツアーで見学する工事現場と見学の順路(資料:中日本高速道路会社)
ツアーで見学する工事現場と見学の順路(資料:中日本高速道路会社)

 中日本高速道路会社によれば、第二東名高速道路の現場見学を組み込んだ旅行商品は、2008年12月に催行したバスツアーが最初。今回のバスツアーはこれに続く商品になる。

 ツアーの実施日は2009年3月27日、3月28日、4月2日、4月3日、4月4日。価格は、名古屋発のAコースが6800円、同Bコースが7800円。東京発のコースは3月27日と4月2日、4月3日の平日実施の回が7980円、3月28日と4月4日の土曜日実施の回が8980円。

 申し込みは、名古屋発のコースが1月30日から、東京発のコースは2月6日から3社のホームページや予約センターなどでそれぞれ行える。