PR

 東京都の豊洲に建設を予定している中央卸売市場の土壌汚染の問題で、対策技術を検討していた「豊洲新市場予定地における土壌汚染対策工事に関する技術会議」は2月6日、遮水壁の一部をソイルセメントと遮水材で築くなど、新技術を盛り込んだ対策方法を東京都に提言。都はこれらの技術を基に、2014年12月の新市場開場を目指すことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料