PR

 東亜建設工業は、生コン車の運行状況やコンクリートの品質管理試験の結果などの情報を生コン工場と施工現場、現場事務所などで共有できる「コンクリートのトータル打設管理システム」を開発した。

 生コン工場と施工現場の荷卸し個所、現場事務所にパソコンをそれぞれ設置。コンクリートの打設に立ち会う技術者は携帯情報端末(PDA)を持つ。パソコンやPDAはインターネットに接続して、正確な情報をリアルタイムで共有できるようにした。

 まず、生コン工場からコンクリートを出荷する際に、製造時刻や生コン車の番号を入力。次に、生コン車が施工現場に到着すると、スランプ試験などの品質管理試験を実施して、その結果を入力する。さらに、打設を開始する時刻なども入力する。

PDAの画面表示例。当初、合成構造の沈埋函に充てんする高流動コンクリートの品質管理システムとして開発したものを、一般のコンクリート構造物向けに改良した (資料:東亜建設工業)
PDAの画面表示例。当初、合成構造の沈埋函に充てんする高流動コンクリートの品質管理システムとして開発したものを、一般のコンクリート構造物向けに改良した (資料:東亜建設工業)

 これらの情報を共有することで、生コン車の運行状況が把握でき、コンクリートの製造から打ち込み完了までの時間を正確に管理できる。コンクリートの打ち重ね時間の間隔を管理して、コールドジョイントの発生などを防ぐことにも役立つ。生コン工場は、施工現場で実施したスランプ試験の結果を、コンクリートの配合などに反映させて、高品質なコンクリートを製造できる。

 同システムはパソコンやPDAを容易に増設できる。コンクリートを大量に打設するためにポンプ車の台数を増やしたり、2カ所以上の生コン工場から同時に出荷したりする場合でも対応が可能だ。同社はこれまでに、ケーソンの製作工事や鉄道の高架橋工事など計3件の現場に同システムを導入した。

 従来、生コン工場と施工現場の担当者同士は、携帯電話などで連絡を取り合うことが多かった。一部の担当者に情報が集中するほか、誤った情報が伝わるなどの恐れがあった。