PR

国土交通省中部地方整備局静岡国道事務所が発注した「1号静清共同溝静岡西地区工事」で、想定外の岩盤層に遭遇して地中内でビットを変更したシールド機が2月10日、貫通した。ビットは、砂れき対応型から岩盤対応型に変更。岩盤層を掘進後は、掘削の効率を考えて砂れき対応型のビットに戻した。静岡国道事務所によると、岩盤層に遭遇して、地中でビット改造をしたのは国内初だという。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料