PR

ネクスコ東日本エンジニアリングは川口金属工業と共同で、橋の維持管理などに使用できるセンサーを内臓したゴム支承反力測定システムを開発した。支承にかかる実反力と設計値が異なる際に、橋に発生する異常や損傷を事前に防ぐことができる。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い