PR

三井住友建設は、既に架設済みの桁の上で、これから架設しようとする主桁を組み立ててから一括して架設する「後方組み立て方式スパンバイスパン工法」を開発して、現場で採用した。桁下空間を有効に活用でき、従来の施工法と比べて工期削減やコストダウンを実現した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い